長縄 織里さん(作家)

こんにちは!Artrepo編集部(芸術担当)です。

明日からもしくは水曜からは待ちに待ったGWがやってきますね。

お休みがない人もいるかと思いますが、旅行や遊び、デートなどみなさん楽しんでくださいね!

楽しみすぎて「あれ、5月病…」なんてことにはならないように!笑

さて本日紹介するアーティストはこの方!

[アーティスト名]

長縄 織里(ながなわ りさと)

[アートの種類]

作家

[アートを始めたきっかけ]

現在のアートを行うきっかけになったのは、「絵が好きだと気づいた」こと。

長縄 織里さんは幼少の頃から絵を描くことは好きだったそうですが、それはあくまで趣味の範囲内だったとのこと。”人生をアートに費やそう”と思ったのは高校生になってからだったと語ってくれました。

それからは美大に合格する為の画塾に3年間通い、2017年現在は某美大のデザイン科に在籍。今となっては、デザインよりも絵を描くことの方が好きだと感じているとも。

美大に合格する為にたくさんの勉強をし、合格をつかみ取るというところまでやりきったことで、自分は「絵を描く方が好きなんだ」と気づいたそうです。

素晴らしいアート作品を生み出しているバックボーンには、一生懸命に続けたからこそ大切な部分に気付いたという長縄 織里さんの努力があったんですね!

[主な活動拠点]

地元である愛知県をメインに活動中。

今後は東京の企画展などにも参加していきたいとのことです!

[作品制作について]

予備校時代から、水彩・ペンを使用してきたという長縄 織里さん。モチーフは植物を中心に鉱石や骨など自然物が多いようです。

現在は女の子と植物を組み合わせた作品を中心に描いており、「描いているのは普通の女の子、でも植物と一緒に描くことによって少し特別で、雰囲気を持てる。」というようなテーマで制作を行っています。

私自身はこのスタイルの作品をはじめて拝見した際に「魅力的な雰囲気を持った作品」と感じました。絵のタッチ、世界観、モチーフなどが組み合わさることでその魅力が幾段にも増しているような気がします。

[活動について]

・2013年9月 画塾展

・2014年9月 画塾展

・2015年4月 愛知県立芸術大学 美術学部デザイン専攻入学、現在3回生

・2015年9月 地元アートフェスに出展

・2015年11月 connectA award 2015 Exhibition 入選

・2016年10月 グループ展

・2016年11月 connectA award 2016 Exhibition connect賞受賞

・2017年4月 L.A.B.8(Live Art Battle) 出場

現在、”minnne”というサイトで原画等の販売を行っている。

[作品にこめる想い]

長縄 織里さんはインタビューで

アートは難しいだとか、よくわからないという言葉を良く聞きます。確かに見るだけでは作者の意図を理解しきれないものや、キャプションありきでもその思考に追いつかない場合も多々あります。

そんな中、私は「アートのことはよくわからない、でも綺麗な絵だ」そう言われるような作品を目指しています。わからなくていいです、このラインがとか、明度が彩度が、とか、専門的な知識ありきではなく。ただ直感的に素敵だ、綺麗だ、好きだと思ってもらえる作品を作っていけたら幸せです。

と語ってくれました。

絵を見て”綺麗”、”心惹かれる”と好きになっていく素直な気持ちを大切にしているのがよくわかりますね。

ネットや個展などで作品を見る人の中には、絵に関する知識がない人が多くいると思います。それでも魅力的な作品と感じていることには変わりありません。

私はむしろ理屈ではなく、直観で魅力を感じ好きになっていく方が素敵なことだと思っています。

長縄 織里さん作品に込める想いも本当に素敵です!!

[今後の目標]

「今は作品数を増やすことが第一だと思っています。間近の目標としては個展を開ける程度の数は最低限必要だな、と。それと、デザインの勉強をしていることも生かし、自分の絵をパッケージなどに生かせないかとも思っています。」(インタビューより)

今後ぜひ個展を開催し、多くの人にこの魅力を届けてほしいと思います。

また現在学んでいるデザインとご自身のアートを組み合わせた作品が生まれるかもしれないと考えるとワクワクし、とても楽しみです!

[リンク]

Twitter https://twitter.com/risato813

Instagram https://www.instagram.com/risato813/

minne  https://minne.com/@hazuki8813

[メッセージ]

これから長縄 織里さんがどのような社会生活に進んでいくのかというのも気になりますが、絵を描くことはいつまでも続けていってほしいと思います。

それと同時に美大で学んでいるデザインとうまく組み合わせた活動も広がっていくといいですね。

現在の作品もとても魅力的なので、個展開催やグッズ販売など今後の様々な展開に期待していきたいと思います。

ポストカードや原画などの販売もしておりますので、気になる方は上記のリンクからチェックしてみてください!

Artrepo(芸術担当)

 

関連記事

ページ上部へ戻る