中井智子(日本画家、絵本挿画)

こんにちは!Artrepo編集部(芸術担当)です。

暖かい日が続くようになってきて、やっと安心して厚手のコートがしまえそうです。

学生時代は指定の制服だったのであまり気になりませんでしたが、社会人になってからは衣替えのタイミングを毎年悩んでしまいます。

気温と季節感のバランスは難しいですね…。

さて本日紹介するアーティストはこの方!

 

[アーティスト名]

中井智子(なかいともこ)

[アートの種類]

日本画家、絵本挿画

[アートを始めたきっかけ]

両親ともに絵描きで絵画教室を開いており、幼い頃からたくさんの絵に触れて育ったという中井さん。絵の具や材料が身近にあり、絵を描くことが生活の一部で「絵描きさんになる」という強い思いを、ずっと持っていたそうです。

両親の影響で、西洋絵画を鑑賞することが多く、絵を観て感動した最初の体験は、ウフィツィ美術館のボッティチェリだったと語ってくれました。それから年齢が進むにつれ、次第に日本画にも目を向けるようになり、特に上村松園など美人画をよく観賞するように。

そして”こんな素晴らしい絵を実際に自分でも描いてみたい”と思うようになり、芸大へ進学し日本画を学ぶ道へ。日本画を始めてみると、素材の面白さ、岩絵の具の美しい色とキラキラした質感に魅了されていったとのことです。

「難しい技法と扱いづらい絵具で思うように描けないけれど、とても奥が深く、描くたびに新しい発見がある」と魅力を教えてくださいました!!

[主な活動拠点]

東京、横浜、京都など

[作品制作について]

・制作

伝統的な日本画材を使用しつつ、自由に絵を描く。(お客様のご依頼に合わせた注文制作も受けています)

女性、花、猫などが文様と組み合わさり一体となった幻想的な作風は「和洋折衷の絵」と言われるそうです。

「観る人が絵の世界に入り込めるような、物語性のある作品を目指しています。」(インタビューより)

・日本画教室

楽しく気軽に日本画を学ぶための教室を、横浜で主宰している。

・絵本の挿画

「はちかづきひめ」などの絵本の挿画を描いている。

・楽器絵付け

ハープなど楽器に日本画材で絵付けも行う。

本当に様々な活動を行っており、「すごい」の一言です…!中井さんの作品がいかに魅力溢れるものなのかがわかりますね。

[活動について]

・2000年 東京藝術大学美術学部入学(日本画専攻)

・2004年 同大学卒業 同大学院美術研究科修士課程入学

・2005年

国宝源氏物語絵巻(徳川美術館蔵)絵と詞書を模写

個展(銀座・柴山画廊

・2006年

同大学修士課程修了 模写同大学買い上げ

姉妹展(京都・吉象堂)

個展(銀座・柴山画廊/西荻窪・ギャラリー彦)

・2007年

個展(表参道・ギャラリー80/ギャラリー彦/銀座・オリーブアイ)

グループ展(ギャラリー80)

・2008年

個展(銀座スルガ台画廊 阪急梅田百貨店)

絵の現在 第37回選抜展 にて金賞を受賞

・2009年

個展(銀座・一枚の繪ギャラリー/東京大丸百貨店/横浜橋TOCO)

国宝源氏物語絵巻(五島美術館蔵)の絵を模写(五島美術館買い上げ)

・2010年

個展(表参道ヒルズギャラリー80/札幌三越/京都大丸/

京都ギャラリーヒルゲート/神戸BAZARA倶楽部ほか)

・2011年

個展(表参道ヒルズギャラリー80/京都ちいさいおうちギャラリー/ギャラリー彦)

名古屋外国語大学現代国際学部にて講演(以降毎年)

・2012年

個展(表参道ヒルズギャラリー80/松坂屋名古屋店/

京都Gallery Little house/北青山ギャラリーコンセプト21)

・2013年  個展(町田小田急百貨店/表参道ヒルズギャラリー80ほか)

・2014年 個展(小田急百貨店町田店、阿佐ヶ谷スタッカート)

・2015年 個展(小田急百貨店町田店、町田小田急、ドイツ・ボーデルスハウゼン、博多大丸百貨店)

・2016年

個展(小田急町田)グループ展(ギャラリー杉)

日本の絵画2016入選

ランカウイ・アートビエンナーレ(マレーシア)招待出品

【挿画】

■インプレス社「心に残る和の年賀状」シリーズ

■オーム社「パースの表現」

■福音館書店「はちかづきひめ」、「はなこ野の花 野のきつね」

■講談社「科学のおはなし101」」

■ナツメ社「男の子の心がそだつ名作」、「たいたいせつな日本の歴史120の名場面」

■PHP研究所「いつまでも心に残る! 女の子に贈りたい名作」

【今後の個展・イベント】

個展 2017年6月27日(火)~7月2日(日)11時~18時(最終日17時)

京都北山 ギャラリー翔 京都府京都市左京区下鴨南芝町42(北山通下鴨中通東入ル北側)

時期未定ですが、都内でも個展を開催予定とのことです!

[作品にこめる想い]

「美しさ、可愛さ、不思議さ、物語など、絵の世界を自由に楽しんでもらいたいです。ぜひ実物を見ていただき、素材や質感など実際に体験して頂けたら嬉しいです。」(インタビューより)

この記事でも作品の画像を掲載していますが、素材や質感は実物を見ないとわかりません。気になった方はぜひ個展などをチェックしてみてください!!

[今後の目標]

「これからも個展を中心に、より良い作品を発表していきたいと思います。また、絵本の挿画でも、日本画の素材を生かした絵を描いていきたいです。」

先ほど紹介しましたが、様々な活動をしているとのことなので、実際に作品を見ることができる機会もあると思います。多くの人に素材や質感を生かした絵の世界を楽しんでほしいと思います。

[リンク]

HP http://www.tomokon.com/

新作紹介ブログ http://ameblo.jp/nihonga-cat/

[メッセージ]

中井さんが描く作品が「気になる!」「実際に見てみたい!」と感じた人も多いと思います。忙しい中でも様々な活動を行っており、今後も個展など作品を見ることができる機会があります。

私自身は日本画にはあまり詳しくないですが、独特な風合いや美しさ、絵を見る楽しさなど機会があれば個展に足を運んでみたいなと感じました!

これからも日本画の世界や魅力を多くの人に伝えていってほしいと思います。今後も活動応援しております!!

関連記事

ページ上部へ戻る