稲垣有香(日本画)

こんにちは!Artrepo編集部(芸術担当)です。

暖かい季節になりつつありますが、花粉症に悩まされている人も多いのではないでしょうか?

目に鼻にと集中力を削ぐ花粉症…負けずに頑張っていきましょう!

さて今回紹介するアーティストはこの方!

[アーティスト名]

稲垣有香

[アートの種類]

日本画

[アートを始めたきっかけ]

家が代々職人の家でご先祖様は御用絵師だったという稲垣有香さん。曾祖父は絵付師、祖父は陶芸家と元々家系からアートに繋がりがあったそうです。

そんな生まれ持った縁により、伝統工芸に触れる機会も多く、絵を描くことも好きだった幼少期。そして、美大受験に悩んでいた頃に親族から日本画を勧められたことがきっかけで現在の活動に至りました。

[主な活動拠点]

日本、海外(ヨーロッパ圏)

[作品制作について]

フリーに活動しており、個展やグループ展への参加が多い。

最近では会期に追われず、じっくり作品作りに取り組みたいという思いから活動は控えているそう。

作品に関しては、2016年頃から植物を中心に、スケッチ時に出会った花々を日本画にすることが多く、柔らかく、スケッチのようなさらりとした画風が表現できたらと、日々研究中。

自分自身の思い描く作品を生み出す為に日々研究をしていく期間となっている今。そんな充電期間を経て、どのような作品が生み出されていくのが楽しみですね!

[活動について]

~平成24年~
・東京銀座にて「ディスカバリー2012」日本画出展
・大阪風雅ギャラリーにて「第13回絵画展」日本画出展
・大阪風雅ギャラリーにて「にゃんこ展」日本画出展 一般公募人気投票 優秀賞
・きものと帯 学生コンペ入選

~平成25年~
・東京九段下にて「桜エキシビジョン」イラスト出展

~平成26年~

・平等院表参道美術作品公募展 日本画 入選
・東京都美術館ベラドンナアート展
・初個展 ぎおんギャラリー八坂
・日本人選抜作家展(パリ)

~平成27年~
・ジャパンフェスティバル(ドイツ)
・芽生え展(京都文化博物館)
・術の音色(ドイツ:ベルリン シャルロッテンブルク宮殿)

平成28年
・個展 ぎおんギャラリー八坂

~今後の予定~
7月23~25日 日独宮殿芸術祭(ドイツ)

[作品にこめる想い]

「植物は人々に癒しと安らぎを与えます。綺麗な花もいずれは枯れてしまうのですが、絵画にすることで、ずっと美しい状態を見ていられます。皆様のお部屋が花いっぱいの、お庭のような癒し空間でいてほしいと、そのような思いで植物画を描き続けています。」(インタビューより)

ガーデニングやお花を飾るのが好きな人も多いと思います。植物を観賞していると気持ちがリラックスしたり、雨や風に負けない生命の強さを感じたりしますよね。

そんな植物たちの美しい瞬間をおさめている作品は、お部屋にあるだけで空間、雰囲気を変えてくれそうです。

[今後の目標]

「海外を中心に、世界に出せる機会が増えればと思っています。公募経験が少ないのもあり、公募やコンクールにも挑戦していきたいです!これからも精進していきますので、どうぞ応援の方よろしくお願いします!」

日本にとどまらず、海外にも目を向けた広い視野で活動をしていきたいとの思いを語ってくれました。チャレンジを続けていきたいという気持ちが伝わってきます。稲垣さんの作品が世界の人々のもとへ届くのが楽しみです!

[リンク]

HP https://yuka-t.jimdo.com/

Twitter https://twitter.com/inayukaaaa

[メッセージ]

現在は植物をモチーフとした作品を描くことが多いとのことでしたが、ホームページでは様々なモチーフの作品を見ることができます。

美しい雰囲気のものはもちろんですが、同時に温かさがあり、私個人としては見ていて落ち着く作品が多いと感じました。そんな魅力的な作品が多くの人に届くことを祈っております!

みなさんも上記リンクから作品をチェックしてみては??

Artrepo(芸術担当)

関連記事

ページ上部へ戻る